驚く男性

自毛植毛の最終目的

自毛植毛は、自然な仕上がりと密度により、自毛植毛を受けた本人が薄毛と自覚せず周りからも薄毛と思われない密度を確保することが目的となります。
なので、自毛植毛により薄毛を改善するために、世界中の専門医によって植毛が考案されています。
その結果、頭髪の最小単位となる毛包ごとに移植する毛包単位移植となるFUT法が、現在の自毛植毛のメインのやり方となっています。
また、ドナー分けと植え込みのFUT法が自毛植毛において優れた方法となっていますが、両方とも手作業となります。
自毛植毛先進国であるアメリカには、手作業の植毛に熟練したスタッフを養成することに力が注がれています。
なぜなら、アメリカでは質の高い自毛植毛を提供する
ためには、自毛植毛の知識が豊富なスタッフの育成が最も重要だと考えられているからです。
ちなみに、優れた自毛植毛を提供するためには、技術と経験に優れたスタッフによる手作業の医療技術が必須になります。
さらに、毛根に血が通っていない時間が短いほど、ドナー株は鮮度を保って定着率が高まるので、自毛植毛はスピードの速さが大切になります。
それは、自毛植毛においてスピードの速さは、クオリティの高さに結びつくからです。
自毛植毛は、自毛植毛を受けても周りから薄毛と思われない密度の髪を提供することが最終的な目的となります。