驚く男性

自毛植毛で移植した髪の状態について

自毛植毛で移植させた髪は、植毛した髪が伸びてきたのが確認できるようになるには、植毛を受けてから半年は必要となります。
その影響により、植毛した後にヘアースタイルを楽しめるようになるには、植毛を受けてから約1年後となります。
また、植毛の効果が実感できるには、一般的に半年はかかるので、人によってはいつまでも効果を体感できないとされています。
とはいえ、自毛植毛はすぐには薄毛対策には効果を発揮しないので、時間をかけて髪が濃くなるのを待つしかありません。
なので、自分も周りも気づかない間に薄毛を改善できるので、自毛植毛は人の目を気にせずに薄毛を改善できるという長所があります。
しかし、自毛植毛を受ける際は、ドナーに使用できる髪の量には限りが存在します。
後頭部の頭皮が健康であれば、自毛植毛で4?6回ほど髪を移植することができます。
けれども、平均的に髪は合計で12,000~13,000本が、自毛植毛による髪の移植総数の限界になります。
また、薄毛がかなり進行していたり、より植毛したいと考えても、自毛植毛は限度を超えて行うことができません。
それでも、自毛植毛でFUT改良法の技術を使うことにより、限られたドナー数でも広範囲の薄毛を改善することができます。
自毛植毛によって移植した髪は、植毛してから半年で植毛した髪が伸びる育毛環境になります。